お店の掃除

駆除方法

ゴキブリを駆除するには様々な方法があります。

殺虫剤やホウ酸だんご、忌避剤をまいたり、粘着シートの付いた箱におびき寄せるなどの方法です。

徘徊している姿を見てしまったら熱湯や洗剤をかけるという方法もあります。

しかし、そのものを見たくないという人の方が圧倒的に多いです。

できることなら、家の中には侵入させず、駆除できるのが一番です。

特に、マンションなどの集合住宅では、全体で一斉に駆除する方法が一番の近道です。

マンションでの対策
各部屋の対策はもちろんですが、マンションには特有の発生場所というものがあります。

それは、マンション共用部です。

ボイラーやガス配管設備などに潜んでいる場合、全ての部屋に繋がっているために、いつでも侵入する可能性が高くなっています。

ですから共用部分の対策が必要となります。

マンションでの駆除は、ベランダや排水溝、廊下などは各家庭でもできる部分ですが、共用部は管理会社などがいない場合は、住人で話し合って業者に依頼すると成果が出やすいです。

ゴキブリ侵入経路
ゴキブリといえば家の中で自然発生するわけではなく、だいたいは外から侵入してきます。侵入してこないように対策をする必要がある。基本的に外から飛んで来る訳ではなく、ほば歩いてやってくると言われています。一戸建てよりもマンションなどの集合住宅のほうが外から侵入してくる様です。特にマンション住まいの方は、家庭で出たごみ等をベランダに一時保管する時に生ごみと同様に空き缶などもしっかりと取り扱いに注意する必要がある。

外の窓の掃除

人間の敵である害虫

世の中には様々な虫が存在します。

美しさのある虫もいれば気味の悪い虫もいます。

毒性のない虫もいれば毒性のある虫もいるのです。

これらの虫の中には人や財産、家畜や農産物に対して害を及ぼすものがいます。

それらは全て害虫と呼ばれています。

人間は長い間、害虫と戦ってきました。

害虫は人間の関係するものに対して害を与えるので、人間はそれを防ごうとしてきたわけです。

現在では害虫対策として様々な商品やサービスがあり、多くの人が助けられています。

ゴキブリの特徴
あらゆる害虫の中でも人間が特に嫌うのがゴキブリです。

農産物や家畜や財産に対して何かしらの悪さをするわけでもなく、人間に毒をもたらすわけでもありません。

しかし、その形や動き方から人間には非常に遠ざけられる存在です。

そもそもゴキブリは3億年程前から存在していたと言われています。

人間の歴史よりもさらに古い歴史を持った害虫なのです。

生命力が非常に強く、繁殖力もある害虫です。

ゴキブリは梅雨の時期から夏の終わりまで活発になるのです。

ゴキブリの駆除方法
害虫として位置づけられているゴキブリは一戸建てやマンションやアパートに関係なく住宅の中に出没します。

人間に嫌われていることもあり、やはり駆除することが必要です。

この駆除には大きく分けて2つの方法があります。

1つは殺虫剤などのその場で駆除するタイプのものです。

この他にも洗剤や熱湯、新聞紙やスリッパなどもあてはまります。

もう1つは毒エサなどの見えないところで駆除するタイプです。

粘着シートや燻製剤などもそうです。

時と場合によって使い分けることで、より効果が高まります。

ゴキブリの原因
きれいにしていても、ゴキブリは様々なところから発生します。

部屋の中をきれいにしていてもゴキブリがいるのは、一つは外から侵入してくるからです。

もう一つは室内で卵を産み付け、その卵が孵化してしまうことで繁殖します。

家の中には餌となるものがたくさんあります。

そして、臭いにつられて寄ってきます。

飲食店に多いのも、食べ物のいい匂いに引き寄せられているためです。

ほかにも、家の中というのはゴキブリが住みやすい環境が整っています。